ダルの値段2012年01月30日 20時05分

年俸6年総額6000万ドル(約46億円)の男、ダル。
ダルの価値を探ろうと言うのが、趣旨である。
2011年シーズンでは、奪三振を除けば、ほとんどの成績で田中将大(楽天)に後塵を拝したが、それ以前はどうだったか。やはり松坂大輔(レッドソックス)との比較をしてみないといけない。

勝負事なので、勝ち星に絞ろうと思う。弱小チームでは不利だが、金田正一(ほぼ国鉄に所属、後のヤクルト)なんか、400勝もした。この下に勝ち負けを書こうかとも思ったが、かなり昔の話で比較にはならないだろう。

      ダル       松坂
1年目  5勝5敗    16勝5敗
2年目  12勝5敗   14勝7敗
3年目  15勝5敗   15勝15敗
4年目  16勝4敗   6勝2敗
5年目  15勝5敗   16勝7敗
6年目  12勝8敗   10勝6敗
7年目  18勝6敗   14勝13敗
8年目  ?        17勝5敗(ここまで西武)
9年目  ?        15勝12敗(ここからレッドソックス)
10年目 ?        18勝3敗
11年目 ?        4勝6敗
12年目 ?        9勝6敗
13年目 ?        3勝3敗

これを見ると一目瞭然なのだが、松坂は好不調の波が大きい。
18勝で3敗のような年に松坂を見たら、いくらでも年俸を出してしまいそうだが、西武時代には15勝15敗なんて年もある。松坂はもちろん一流の投手だが、私の評価は巨人の斎藤雅樹(現在コーチ)の方が上である。現在通算157勝だが、200勝にいけるかどうか、今年が大事である。

こうしてみると、ダルの安定度は抜群である。松坂よりも注目度も年俸も上をいくのは間違いない。

コメント

_ Can better posture make you taller? ― 2017/09/01 18:14

I read this post completely about the difference of hottest and earlier
technologies, it's amazing article.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://seikei-net.asablo.jp/blog/2012/01/30/6312460/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。