安倍政権の通信簿(6月1日版)2014年06月06日 16時58分

安倍総理の通信簿を毎週つけていこうと思う

安倍政権の通信簿を毎週つける「サンデーズ チェック」

通信簿なので評価は「1」から「5」の絶対評価です。

取り上げるのは僕の期待する政策。「-」以降は、意見・感想です。

進展した項目には、「↑」、変らないものに「→」、後退すると「↓」

-------------------

 

この1週間は、公私共々忙しく、サンデーズ・チェックの発表がフライデーになってしまいました。ようやく昨日、両方とも片付いて、2週間ぶりの休みが取れました。

と、長い言い訳から始まりましたが、最近は、ウクライナに始まり、中国とベトナムの争い、北朝鮮の拉致被害者調査、今市の女児殺害事件解決など激動の時代になっています。

今日は天気も荒れていますが…

 

普段は野球好きの私ですが、ワールド・カップは特別です。

日本も本当に強くなったので、どこまで進めるか見ものです。

 

1原発再稼動()

再稼働に向けた安全審査が続く九州電力川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)を巡り、運転差し止めを求めて係争中の原告住民が30日、九州電力を相手取り、再稼働しないよう求める仮処分を鹿児島地裁に申し立てた。YOMIURI ONLINE

-なかなか一筋縄ではいかないですね。

 

2TPP交渉()

TPPをめぐる日米協議に関し、大江博首席交渉官代理は30日、日本の農産物市場の開放に関して両国間には依然大きな隔たりがあるとの認識を示した。(ロイター)

-もうじきまとまるような感触もあったが?

 

3尖閣問題()

中国と同様に尖閣諸島の領有権を主張している台湾の外交部(外務省)は1日、中国が台湾統治の実態を認めていないことなどを理由に、この問題で中国とは共闘しないとの声明を出した。地元紙に、中台が協力すべきだとの投書が掲載されたことを受け、見解を示した。(朝日新聞DIGITAL

-中国と共闘しないほうが、絶対いい。

 

4国会改革()

与野党7党の国対委員長は27日、国会内で首相や閣僚の国会出席軽減などを柱にした国会改革案に署名し、秋の臨時国会から衆院で先行実施することが決まった。

署名したのは自民党、公明党、民主党、日本維新の会、結いの党、みんなの党、新党改革。共産、生活、社民3党は「国会審議が空洞化する」と反対した。自民党の佐藤勉国対委員長は記者団に「ただのお題目にならないよう運営に注意したい」と述べた。MSN産経ニュース

-何でも反対する党に「生活」も加わる。こんなに多くの党は要らん。

 

過去に扱ったテーマ

衆院定数削減(2)

憲法改正(1)

国会議員歳費削減の延長

地方分権、道州制の導入(2)

社会保障制度改革(3)

主な経済指標

実質GDP:+5.9%↑(1次速報201413月期、年率前期比、515日公表)

失業率:3.6%→(2014年4月分、530日公表)

消費者物価指数:総合+3.4%20144月分、前年同月比、530日公表)

日銀短観17(大企業製造業業況判断DI20143月分、41日公表)

(注記:赤字は今回更新した分)

物価指数がすごく上がったけど、消費税アップと関係がある(統計局で確認済み)

消費税が3%アップしたのだから、これくらいにはなるのだろう。

 

安倍政権の通信簿(6月8日版)2014年06月08日 07時59分

安倍総理の通信簿を毎週つけていこうと思う

安倍政権の通信簿を毎週つける「サンデーズ チェック」

通信簿なので評価は「1」から「5」の絶対評価です。

取り上げるのは僕の期待する政策。「-」以降は、意見・感想です。

進展した項目には、「↑」、変らないものに「→」、後退すると「↓」

-------------------

 

STAP細胞疑惑については、小保方さんに不利な情報しかないけれど、彼女は世紀の嘘つき娘か、世紀の勘違い娘のどちらかの可能性が高まってきた。

 

私は密かに彼女を応援してきたので、できれば少なくとも後者であってほしい。

STAP細胞が真にあれば、それに越したことはないけれども…。

しかし、どうもそれらしい兆候は、まったくない。

次から次へと、疑惑が現れて、彼女を支持する人も減ってきている。

 

想像だが、STAP現象を正しいと思い込み、その存在に対して有利な現象だけを採用し、不利な現象を棄ててきた結果、壮大なる幻の世界が生まれたのではないか?

そして、早く発表したいと言う一心から、捏造に及んだ。

 

いいように解釈してあげよう。

 

1原発再稼動()

経済界や有識者らで組織する「原子力国民会議」は5日、原発の早期再稼働や再稼働による電気料金値下げ、福島復興の早期実現などを求める全国の経済団体や労働など101団体からの要望書47通を取りまとめ、政府に提出した。この日、共同代表に名を連ねる元東大総長の有馬朗人氏や代表理事を務める東大名誉教授の宮健三氏(原子力工学)らが菅義偉官房長官らと面談。菅長官は「(安倍晋三)首相に届けます」と応じた。SankeiBiz

-再稼動容認派の活動もあるんだね。

 

2TPP交渉()

TPPをめぐる交渉について、メキシコの当局者は、日米など一部交渉参加国が晩夏までの合意を目指していると述べた。

同当局者は「夏中に合意できなければ、米国にとって中間選挙に向け有権者への説得が困難になる。したがって、とりわけ日、米、メキシコが晩夏にかけての合意を目指している」と語った。

ただし、米国内では政治的な意気込みが欠けており、「中間選挙が終わるまでは、本気になって妥結する機運は起きないだろう」(別の外交筋)との見方が依然として根強い。(ロイター)

-やはり選挙しだいか?

 

3尖閣問題()

衛藤晟一首相補佐官は5日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、中国が沖縄県・尖閣諸島の領有権を主張していることについて、「尖閣の問題で中国は激しく(日本を)攻撃してきたが、結果として中国のプラスにならなかった。中国は日本に対して(門戸を)開いてほしいとなってきている」と述べ、中国側に軟化の兆しがあるとの認識を示した。YOMIURI ONLINE

-中国はこういう事態も想定しておくべき。プラスになるわけない。

でも、日本は大人として対応すべき。

4国会改革()

-変らず。

 

過去に扱ったテーマ

衆院定数削減(2)

憲法改正(1)

国会議員歳費削減の延長

地方分権、道州制の導入(2)

社会保障制度改革(3)

主な経済指標

実質GDP:+5.9%↑(1次速報201413月期、年率前期比、515日公表)

失業率:3.6%→(2014年4月分、530日公表)

消費者物価指数:総合+3.4%↑(20144月分、前年同月比、530日公表)

日銀短観17(大企業製造業業況判断DI20143月分、41日公表)

(注記:赤字は今回更新した分)

 

安倍政権の通信簿(6月15日版)2014年06月15日 07時51分

安倍総理の通信簿を毎週つけていこうと思う

安倍政権の通信簿を毎週つける「サンデーズ チェック」

通信簿なので評価は「1」から「5」の絶対評価です。

取り上げるのは僕の期待する政策。「-」以降は、意見・感想です。

進展した項目には、「↑」、変らないものに「→」、後退すると「↓」

-------------------

 

国民投票法の改正案が参議院を通過して成立した。

憲法改正の下準備がようやく整った。

 

しかし、実際の憲法改正となると先は長そうだが、人気のある安倍政権で出来なければ、自民党では金輪際できないと思われる。

頑張ってほしい。

 

1原発再稼動()

九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に向けた原子力規制委員会の適合審査が大詰めを迎えるなか、鹿児島県議会の6月定例会が13日開会し、伊藤祐一郎知事は再稼働について「国が安全性を十分保証する必要がある」と述べた。県庁前には全国から約700人が詰めかけ、知事や県議会が再稼働に同意しないよう訴えた。(朝日DIGITAL

-国が安全を担保しろというもっともな話。

 

2TPP交渉()

貿易や投資の自由化をめざす環太平洋経済連携協定(TPP)交渉を巡り、日本や米国など12カ国は7月3~12日にカナダのバンクーバーで首席交渉官会合を開く日程で調整に入った。交渉が遅れている関税撤廃や知的財産権の保護、国有企業の優遇措置の見直しなどで一致点を見いだせるかどうか、正念場を迎える。(日本経済新聞)

-いつも正念場?

 

3尖閣問題()

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域での中国の挑発が執拗(しつよう)さを増している。2月以降、日本の接続水域(領海の外側約22キロ)で中国海警局の船が撤収することなく10日以上連続して航行する事態が相次ぎ、海上保安庁は警戒感を強める。海保は映像提供などの「積極広報」を控えているが、尖閣周辺で漁を行う漁業関係者は激白する。「海保と中国海警の船が数メートルほどまで接近するケースはざらだ。一触即発という場面を何度も目撃した」。MSN産経ニュース)

-あいかわらずですね。

 

4国会改革()

-変らず。

 

過去に扱ったテーマ

衆院定数削減(2)

憲法改正(1)

国会議員歳費削減の延長

地方分権、道州制の導入(2)

社会保障制度改革(3)

主な経済指標

実質GDP:+5.9%↑(1次速報201413月期、年率前期比、515日公表)

失業率:3.6%→(2014年4月分、530日公表)

消費者物価指数:総合+3.4%↑(20144月分、前年同月比、530日公表)

日銀短観17(大企業製造業業況判断DI20143月分、41日公表)

(注記:赤字は今回更新した分)

 

安倍政権の通信簿(6月22日版)2014年06月23日 21時36分

安倍総理の通信簿を毎週つけていこうと思う

安倍政権の通信簿を毎週つける「サンデーズ チェック」

通信簿なので評価は「1」から「5」の絶対評価です。

取り上げるのは僕の期待する政策。「-」以降は、意見・感想です。

進展した項目には、「↑」、変らないものに「→」、後退すると「↓」

-------------------

 

最近、あちらこちらで「謝罪」が行われている。

「結婚しないの?」という話は、昔から親戚のおばさんの口癖だし、煙たがられる施設は、実際、「金目」で解決されてきた。

 

でも「子供が産めないの?」となると、さすがに酷すぎる。

そんな発言をする政治家に何を求められるのか?

「口利き」ぐらいだろうか。

しかし、そんな政治家を選んだのも都民だ。

皆で反省すべきかも。

 

1原発再稼動()

原発の再稼働に向けた審査のため、中国電力が島根原発2号機(松江市)で取り組んでいる安全対策の説明会が19日夜、米子市の和田公民館で開かれた。原発の半径30キロ圏内に住み、事故の際に避難対象となる米子、境港市の計16地区で開く説明会の初回で、和田地区の60人が出席。住民からは安全性を不安視し、再稼働を疑問視する質問や意見が相次いだ。YOMIURI ONLINE

-なかなかむずかしいですね。

 

2TPP交渉()

オバマ米大統領は20日、環太平洋連携協定(TPP)交渉について、11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議までに大筋合意を目指す考えを表明した。ニュージーランドのキー首相との会談後、記者団に語った。ただ、本交渉、日米2国間協議ともに着地点は見えておらず、思惑通りに進むかは不透明だ。(北海道新聞)

-年末までずれこむようだ。かなり遅れている。

 

3尖閣問題()

東シナ海にある尖閣諸島周辺の領有権を主張する日中間の溝が深まっている。

日本の施政下にあるが中国も領有権を主張するこの諸島が争いの火種となり、日中はそれぞれの立場を守るため一段と態度を硬化させている。

これはジェームズ・マニコム氏が近著「Bridging Troubled Waters(紛争海域にかける橋)」で取り上げた主要テーマだ。同氏は深刻な関係悪化にもかかわらず、紛争が制御不能になる必然性はないと主張している。マニコム氏はカナダのシンクタンク、国際ガバナンス・イノベーション・センター(CIGI)のリサーチフェローで、国際安全保障を研究している。(ウォール・ストリート・ジャーナル)

-たまには、第三国の識者の意見も聞いてみる価値はある。

 

4国会改革()

-最近、まったく進まなくなった。外されそうなテーマ?

 

過去に扱ったテーマ

衆院定数削減(2)

憲法改正(1)

国会議員歳費削減の延長

地方分権、道州制の導入(2)

社会保障制度改革(3)

主な経済指標

実質GDP:+5.9%↑(1次速報201413月期、年率前期比、515日公表)

失業率:3.6%→(2014年4月分、530日公表)

消費者物価指数:総合+3.4%↑(20144月分、前年同月比、530日公表)

日銀短観17(大企業製造業業況判断DI20143月分、41日公表)

(注記:赤字は今回更新した分)

 

安倍政権の通信簿(6月29日版)2014年06月30日 21時21分

安倍総理の通信簿を毎週つけていこうと思う

安倍政権の通信簿を毎週つける「サンデーズ チェック」

通信簿なので評価は「1」から「5」の絶対評価です。

取り上げるのは僕の期待する政策。「-」以降は、意見・感想です。

進展した項目には、「↑」、変らないものに「→」、後退すると「↓」

-------------------

 

大量の「ひょう」といい、竜巻といい、異常気象が普通になりつつある。

この状態がどこまで進むのだろうか?

気象の影響で一番の問題は、食料や水の問題だと思う。

こうした命に直結するものが手に入らなくなると、領土問題が激しくなってくる。少しでも安定して食料が手に入る場所の争奪戦になる。

 

1原発再稼動()

原子力発電所の運転停止で厳しい経営が続く中、原発を持つ国内の電力会社9社の株主総会が26日午前、一斉に開かれた。

経営側は業績の不振について陳謝する一方、安全確保を前提にした原発の再稼働や一段の経営合理化などを進めるとして、株主に理解を求めた。YOMIURI ONLINE

-電力会社は原発が動かせないと、苦しいのはわかる。

 

2TPP交渉()

カナダ政府は24日までに、日米など環太平洋連携協定(TPP)交渉に参加する12カ国が7月3〜12日の日程で、首都オタワで交渉官会合を開くと発表した。交渉筋によると、5日からは首席交渉官が集中協議し、関税や知的財産など難航分野の進展を目指す。(毎日新聞)

-少しずつ進んでいく。

 

3尖閣問題()

-変らず。

 

4国会改革()

千葉市議会は二十五日の本会議で、現在五四の議員定数を五〇に削減する条例改正案を賛成多数で可決した。新定数は来春の市議選から適用される。

改正案はこの日、自民、民主、公明、未来創造ちば、日本維新の会・ゆいの五会派と無所属議員(三人)による共同提案として提出された。

これに対して、共産、市民ネットワークは、定数五四を維持し、花見川(同一一)を一議席減らす一方、緑(同六)を一議席増やす修正案を提出した。(東京新聞)

-国会の定数削減はほとんど進んでいないので、千葉市の例を出してみました。共産党はここでも削減に反対しています。

 

過去に扱ったテーマ

衆院定数削減(2)

憲法改正(1)

国会議員歳費削減の延長

地方分権、道州制の導入(2)

社会保障制度改革(3)

主な経済指標

実質GDP:+5.9%↑(1次速報201413月期、年率前期比、515日公表)

失業率:3.6%→(2014年4月分、530日公表)

消費者物価指数:総合+3.4%↑(20144月分、前年同月比、530日公表)

日銀短観17(大企業製造業業況判断DI20143月分、41日公表)

(注記:赤字は今回更新した分)