ツイッターを始めた2011年08月01日 21時40分

ツイッターは始めたばかりで、使い倒しているわけでも無いので、批判するつもりもない

ツイッターは始めたばかりで、使い倒しているわけでも無いので、批判するつもりもない。

最初に某有名な作家をフォローしてみたのだが、その作家の本を読んで良かったという内容の書き込みが多くて、少し辟易した。

別にゴマをすっているわけでもなく、素直に良いものは良いと投稿しているだけなのだろうが、何か引っかかる。

参加者はその作家のファンであることは間違いないだろうが、いちいち本を読んでの感想を聞かされてもなーと思ってしまう。

 

有名人にはいいシステムだろうし、そのファンにもありがたいのだろうが、一般人のツイートが有名になっていくとはどういうことなのだろうか?

あえて過激なことを書いていかないとだめだろうか。単に良い内容だけではだめで、コアなファンが喜ぶようなニッチな内容が必要だ。

 

しかし、ツイッターの可能性は高いと感じた。最初の頃は、独り言を誰が聞くのかと思ったが。

明日からは、「しりとり」はお休みにして、本来の日本国債の話に戻ります。